最も革新的なギャンブル企業

世界中でiGaming ビジネスが盛況を収めています。スポーツ賭博であれオンラインポーカーであれ、多くの人々がオンラインでのギャンブルを楽しんでいます。

また、オンラインでできるゲームの種類は従来のカジノと比べ物にならないほど多様です。オンライン限定のインセンティブがもらえる場合もありますし、とにかく手軽です!さらにオンラインカジノは好きな時に利用できます。年中無休24時間営業なので、いつでもどこでもプレイできるのです。 

統計を見てみましょう。

スタティスタ(Statista)のウェブサイトによると、オンラインギャンブルビジネスは2017年に458億ドルの収益を出しました。同サイトは、2024年までにその数字が倍近くの944億ドルになると推定しています。

この業界を活況に導いた大きな要因の一つはモバイル機器の進歩でしょう。より安価なモバイルデータ無制限の携帯電話プランが出回ったことも拍車をかけています。さらに、オンラインギャンブル関係の法律を緩和し合法化させようとしている国が増えていることも影響しています。これらによって同業界に参入する企業数が増大しているのです。

この業界が急速に拡大したもう一つの理由は、誰もが予測しなかったことではありますが、コロナウィルスです。

2020年の第2四半期には、多くのスポーツイベントがキャンセルされ、多くの実店舗カジノがしばらくの間休業を強いられました。人々は家の中で過ごさざるをえず、その結果として多くの人々がiGaming の世界を知るようになりました。その影響で、業界は2020年の上半期に大いに活況を呈しました。米国ゲーミング協会によると、iGamingのカジノの総粗収益 (GGR)は2020年の上半期に2019年の同期比で 189.7% も増加しています。

Virtual casino. Online gambling. Laptop with dice and chips.

世界の二大革新企業

GVC ホールディングス 

GVCホールディングスは最も人気の高いオンライン賭博プラットフォーム数社の親会社です。イギリスのスポーツ賭博およびギャンブル企業でルクセンブルグで創業し、現在10以上のスポーツ賭博およびオンラインギャンブルのブランドを抱えています。2019年に47億米ドルの売り上げを出し、消費者および企業間取引の両方を対象にビジネスを行っています。

Bet365 

「Bet365」の名前からすでにこのオンラインギャンブル企業が特化しているものがスポーツ賭博であることが分かります。さらに同社は自社のウェブサイトでオンラインカジノ、オンラインポーカー、ライブカジノを提供しています。同社はストーク・オン・トレントのほか、ジブラルタルとマルタにも事務所を持ち、それらは大きなiGaming センターとなっています。

まとめ

iGamingビジネスはコロナウィルス以前にも拡大の方向を辿っていましたが、2020年の世界的な自主隔離期間中に予想外の急拡大が起こりました。この業界は今後数年で大幅に発展し、高収益を期待できる投資オプションとなることが予想されています。

最後に、アンティグア・バーブーダについてお話しします。この島はiGaming 部門の最大手が事業所を置いていないにもかかわらず、市場における主要プレイヤーとなり続けてきました。イギリスの「ギャンブル国ホワイトリスト(心配無用で理想の国)」の一つで、国際的な活動に税金がかからず、オペレーターが自動的にイギリスのプレイヤーにアクセスすることができるため、ゲーミング企業にとって大きな魅力となっているのです。