Categories
ギャンブル

世界最大級の革新的なギャンブル企業をご紹介

この数年でオンラインギャンブル産業は急速に成長し、特に2020年に入ってからのここ数カ月間は新型コロナウイルスの世界的大流行の影響により、その勢いがさらに増しています。世界中の政府が危険なウイルスを避けるために、市民に外出しないよう求めています。危険なウイルスがそこかしこで流行していたら、外出を避けるのは当然です。しかし、家にこもっているとすぐに退屈してしまいます。ギャンブルをプレイしたいと思っても、カジノには行けません。そこでオンラインカジノです。今年オンラインカジノ業界が活況なのは、これが主な要因です。こうした企業は日々新しい地平を切り開き、さらなる成功を掴んでいます。彼らは質の高いソフトウェアを開発し続けており、優れたゲーミングプラットフォームを提供することで新たな顧客を呼び込んでいます。

プログラムを書いたりギャンブル関連のソフトウェアを開発したりといったことをおこなっている企業もあります。また、一部の企業はオンラインカジノ運営に関して業界最高峰の評価を受けており、ギャンブル関連の製品やゲームを生み出しています。そういった製品は世界中で数百万人の人々に利用されています。オンラインギャンブル業界の成功を測るには、収益を見ればいいのです。オンラインでギャンブルをするプレイヤーが増えているため、数十億ドルの収益を上げている企業もあります。インターネットへのアクセスが容易になったことも、その要因のひとつです。それでは、特に大きな成功を収めているギャンブル企業をご紹介しましょう。

ギャンブラー

  1. まずは「IGT(International Game Technology)」をご紹介します。収益とテクノロジーの面で、同社は現在業界のトップに君臨しています。同社は最高峰のインターネットギャンブル技術を持っており、とてもギャンブルのしやすい環境を提供しています。ここでは、くじ引きや様々なオンラインカジノギャンブルを楽しめ、煩雑な操作などは一切必要ありません。2018年、同社の収益は数十億ドルに達しました。
  2. 次にご紹介するのは、「PaddyPower(Betfair)」です。アイルランドのダブリンに本拠を置く同社は、現在イギリスで最も人気のオンラインスポーツベッティングサイトのひとつです。同社は優れたカジノとスポーツベッティング用アプリケーションを提供しており、世界中のどこからでも非常に高速なアクセスが可能です。また、非常にユーザーへの配慮が行き届いたアプリケーションも特徴です。2008年の同社の収益は、26億4,000万ドルでした。

「Bet365」は、イギリスに本社を置く企業です。同社の2018年の収益は40億3,000万ドルでした。